FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PC自作しました(唐突) / パーツの選定理由など

そういや俺ブログやってたんだよなあ・・・(遠い目)

てなわけで、最近母艦として使用しているデスクトップPCを
完全自作で組んだので、その事でひと記事書かせてもらいます。

まずは、各パーツの構成と選定理由とか。
用途は、Web閲覧、動画閲覧、音楽鑑賞、エンコード、エクセル、ツイッターなど。
別に大した事はしていないですな。
はっきり言って、無駄だとかオーバースペックだとか
そんな事は置いといて自分の主観と得られるであろう満足感だけを考えて構成しているので、
誰かの役に立ったりは一切しないと思われます。


【CPU】Intel Core i7 3770 Box (LGA1155) BX80637I73770
http://ark.intel.com/ja/products/65719

 →どうせ買うならi7だろ!(無知)
   でもオーバークロックはやるつもり一切無しなので、3770Kはイラネ
   そんな感じです。酷いね。


【CPUクーラー】ENERMAX ETS-T40-VD
http://www.enermaxjapan.com/cpu-cooler/ETS-T40/ETS-T40-VD.html

 →リテールだけは絶対嫌、プッシュピンは何か信頼性に欠ける、
   サイドフローって何かよくね?
   そんな感じであとはそこそこ静かと言う評判とデザインを基に選定。
   ENERMAXのこのシリーズはVD以外にTB、TAってのがありますが、
   違うのは付属しているファンのみで、違う点もそのファンが
   光るか光らないか、またどんな光り方をするかってだけの話です。
   VDは一番派手に光るタイプなのですが、光らないTBのファンが
   一番静穏性が高いらしかったりで早くも情弱速報待った無しって感じ。

【メモリ】Sanmax SMD-16G28NP-16K-D DDR3-1600 8GB*2 Elpidaチップ搭載
http://www.3max.co.jp/products/person/3maxdimm/

 →母艦のPCだし、変なメモリは積みたくないなあって事で
   信頼性の高いであろう物を選定したつもり。
   前のPCで使用していたのがCENTURY MICROのElpidaチップのDDR2メモリで、
   ド安定で運用出来ていたため今回も同じ組合せでと思っていたが、
   チップまで指定買い出来る店が見つからなかったので今回はSanmax製。
   千枚から秋刀魚への浮気。たまには浮気もいいよね!


【M/B】ASRock Z77 Extreme6
http://www.asrock.com/mb/overview.jp.asp?Model=Z77%20Extreme6

 →マザーボードはASUSかGIGAABYTEかMSIかASRockら辺の無難なメーカーで
   買うつもりでしたが、決め手は「起動が早いらしい」って言う
   ネット上の書き込みでした。自分の喪失が酷い。
   まあ一応拡張性とかそう言うのは考慮したつもりよ。
   コンデンサとかも値段の割にいいのを使っているらしいしいいじゃない。


【VGA】ELSA GeForceR GTX 660 S.A.C
http://www.elsa-jp.co.jp/products/graphicsboard/geforce_gtx660_sac/index.html

 →PCゲームをまずやらないであろうにグラボを搭載する人間の屑です。こんにちは。
   今日びオンボードグラフィックの性能も必要十分にあり、
   尖った使い方をしない限りこんな性能のグラボなんか絶対に要らんわけです。
   でもこの先どう言う使い方をするかなんて分からんし、ま、多少はね?
   以前にも使用していて、安定して動いてくれていたELSA製を指定買い。
   650シリーズでもよかったかも知れませんが、まあそこは気持ちの問題。
   ELSA以外に浮気しようかとも思いましたが、静穏性の評判から一途を貫きました。


【Sound】Creative Sound Blaster X-Fi Titanium HD
http://jp.creative.com/products/product.asp?category=1&subcategory=875&product=19749

 →PCで音楽を聴く機会は多くなり、それなりに良い音質で聴きたい欲望を満たすためには
   やはりサウンドカードを差すべきだと思うのです。
   まあZ77 Extremeのオンボードサウンドは割と良い部類に入るそうですが、
   評判の良かったこれを一度使ってみたかったってのがあるからもうこれは仕方ないんです。
   実際前のPCよりも良い音が出ているっぽいしね。
   自分の勘と耳に正直に生きています。はい。


【SSD】Intel 330 Series SSDSC2CT120A3K5
http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/solid-state-drives/solid-state-drives-330-series.html

 →言わずと知れた普及価格帯のインテル製SSD。面白味もクソも無い最も無難な選択。
   Cドライブ用としてOSと各アプリケーションを導入しても余裕があり、
   一時的にファイルを置くにも必要十分な120GBを選択。
   PS3もこのモデルのSSDに換装しているので、2台目の購入と相成りました。
   円安の影響でその時の購入価格より相当高くついたのだけが唯一の不満。


【光学ドライブ】Pioneer BDR-S07J-W [クリアホワイト]
http://pioneer.jp/bdd/products/bdr_s07j/

 →光学ドライブについてはパイオニア信者だもんで。
   何を置いてもパイオニア製のブルーレイドライブを買うつもりでおりました。
   性能、信頼性、防音・防振性、意匠・・・全てにおいて隙が無い。
   特に音楽を良く聞く自分に取っては、ここを蔑ろにするのは耐え難いわけです。
   パイオニア以外にも良いメーカーはあるんでしょうが、音楽重視ならパイオニアでしょう。
   本当は最新機種であるS08Jを買うつもりでしたが、
   偶然S07Jが安く売られているのを発見し、S08Jと比較してもそれ程大きなマイナスが
   あるように見受けられなかったのでこちらを購入するに至りました。


【OS】Microsoft Windows 7 Professional 64bit SP1 DSP版
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows7/products/home

 →まだWin8なんか導入する気にはなれなかったので、必然的にWin7を選択。
   XP ModeはHomeには搭載されておらず、Ultimateは明らかに自分には不要なので
   Professionalを選択。
   安定性だけを考えれば32bit版でしょうが、もうそんな小さい事に
   びびってらんねえなって事で思い切って64bit版を選択。
   よほど変な使い方をしない限り、64bitでもどうにかなるもんです。
   使用感については職場でWin7を使用しているので、全く問題なし。
   数少ない仕事をやっていてよかったと思える点だ。


【ケース】Fractal Design Define R4 FD-CA-DEF-R4-WH [Arctic White]
http://www.xenon-jp.com/index.php?sub=define_r4&contentid=165

 →今回、パーツ選定を行うにあたり最も迷ったのがケースです。
   拡張性、剛性、静穏性、意匠など色々な点がありますが、
   最終的には価格も手頃なこのケースに落ち着きました。
   他の候補として、CorsairのVengeance C70と最後まで迷ったんですが、
   価格と言うどうにもならない基準でこちらを選ぶ事となりました。
   実際にケースに見て触れる機会もありませんでしたが、
   結果的にはこれを買って良かったと思います。
   丈夫な脚や人が殺せそうなぐらいずっしりした側板など作りもしっかりしてるし、
   防音シートのおかげか静穏性も高い。
   中も広々、裏配線もバッチリ可能で実用性も高い。
   そしてデザイン!シンプルで実にかっこいい。
   この辺はさすがスウェーデンってとこですかね。
   スウェーデンつってもIKEA的な手頃なスウェーデンなんだろうけど。


【電源】Corsair HX650 CP-9020030-JP
http://www.links.co.jp/item/hx650/

 →今回パーツ選定を行うにあたり最も難儀したのが電源ユニットです。
   地味ですが、全ての機器に電力を供給する重要な役割なのですから、
   適当に選ぶわけにはいきません。
   なので、最も調査時間を費やした結果、至ったのがこれです。
   80PLUS、一次・二次側のコンデンサ、
   プラグインか固定か相の子か、保証期間、どこのOEMか・・・
   色々考えて最初は同じCorsairの750AXにしようと思っていたんですが、
   どうにも手に入りそうになかったので少しグレードを落とし、
   二次側のコンデンサが日本製でなかったり、
   いわゆる紫蘇電源ではないもののこれを選定しました。
   電源ユニット選びは本当に難しいです。情報の取捨選択が本当に難しい。 
   例えばこのHX650は7年保証で安心感を謳っていますが、
   「7年の間に破損して交換しても元が取れているぐらい金がかかっとらんのや」
   ・・・なんて意見があったりでもう悩みに悩まされるわけです。
   最終的にこの機種を選び、今のところ大きな問題はありませんが(あったら困る)、
   買ってよかったかどうかなんて今回組んだPCとおさらばする
   5~6年後にならないと分からんわけです。
   電源ユニットは他のパーツと比べて実感出来る判断基準が圧倒的に少ないですからね。
   あるとしたらファンの駆動音ぐらいでしょう。
   全くもって奥の深い世界です。2chの自作PC板を見ても電源ユニット絡みの
   スレは地味の存在感からは考えられないぐらい多いように思います。
   何にせよ、HX650の末永い安定稼働を願って止みません。電子機器に神頼みするおとこの人って・・・


とまあ、長ったらしいですが自分のパーツ選定時に考えていた事を書き連ねてみました。
ほんと誰の役に立ちそうもねえなあ・・・

気が向いたら、組立て時の様子も記事にするかも知れません。
そんなの置いといてプラチナトロフィー絡みの記事を書きだしているかも知れません。
やっぱりまた1年ぐらいほったらかすかも知れません。

そんな当ブログですが、今後とも何卒よろしくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。